こういう業種もおすすめ

新卒が将来性に期待して採用されるのに対し、転職では即戦力となる実績や経験を重視して採用されます。
そのため、中堅のシステムエンジニアは全く経験のない異業種に転職するのは難しいことがあります。
異業種に転職する場合は、システムエンジニアとしての経験を活かせる業種を選ぶ必要があります。

おすすめの業種としては、営業職があげられます。
IT関連の仕事はパソコンと向き合い人との関わりが少ない業種のイメージがありますが、システムエンジニアはコーディングなどの作業よりもクライアントとの打ち合わせの方が多く、コミュニケーション能力が培われる職種です。
また、社内においてもプログラマーとミーティングをするなど人との関わりが多いため、その経験を活かし営業職に転職するのがおすすめです。
企業が販売する商品やサービスの情報さえ把握すれば、上手にプレゼンして売り込むことができるでしょう。

そのほかのおすすめ業種としては、事務職があげられます。
システムエンジニアはデータ入力や文書作成はお手のものなので、事務の仕事をソツなくこなすことができます。
雇う側としても、ITに詳しい人材が事務職に就くのは心強いはずです。
IT部門が弱い企業であれば、IT部門を任される可能性もあります。

最先端技術に関わる仕事に就きたいなら、治療ロボットや遠隔診療などの開発が行われている医療業界もおすすめです。
システムエンジニアの知識や経験を活かし、開発チームの一員として活躍することができます。