教え方がものをいう

システムエンジニアから公務員を目指す場合、市役所などで働く道と、もう一つは学校で教職に就く道があります。
私も、そういった一般の方から教師になった人に育てて頂きました。
面白い方が多く、ひょうひょうとした性格の方や、熱血的な方や、寡黙な方など様々でしたが、どの先生もいい経験を積ませていただいたと思います。

しかし、そんな方ばかりではありません。とても教え方がずさんだった方もいらっしゃいました。学校で働くということは、誰かに物を教えるということです。
その本分が果たせないのであれば教職を目指すことは、意味のないことだと思います。

教職以前の問題として、現状では会社に新しい人材を育てる余力を残している会社は大手企業しかありません。
大手企業は人材を育てるよりも、優秀な人材を集めるために力を使うので、新人教育は二の次になってしまいます。
つまり、優秀な人材は欲しいけれど、その優秀な人材が育っていないことを意味しているのです。

なにも教えるにあたって、技術的なことばかり必要だとは限りません。
ある先生は、バーとパブの違いなど、社会人としては必要だろうけれども、学生としては無意味なことも教えてくれました。
ある先生は、採点がめんどくさいからと、とてつもなく簡単なテストを出してきたりと、社会人としての知識を教えてくれました。
分かっている人間にとっては当たり前のことでも、知らない子の前では役に立ちません。

一から何かを教えるというのは、そういうところも含まれているのです。
もし、システムエンジニアのスキルを活かし、特別免許状制度で教職を目指すなら、どんなことでも丁寧に教えてあげられる教員になってもらいたいと思います。
でなければ、将来的に教職に就いた意味がなくなってしまいますからね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です